スピ屋

今年に入り内面が大きく変化したのでブログも変化するのもありかと・・・結論。この世をコントロールしようとするのはナンセンスである。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

傍観は罪?

珍しい。

1日に2度も記事を書く気になるなんて・・・

何か起こっているのかな?

前回の記事は各個人でエネルギーを上げるべきだと書きました。

ところで・・・

・・・

今は僕が使っているパソコンはlenoboのR61という製品で中国製です。

中古で1万六千円で買えました。

このパソコンは人が使った形跡がまるでなく単に型が落ちたという理由でこれほど安くなったのでしょう。

だいたい、lenoboの製品は原価自体が安いのです。

・・・
・・・
ここである疑問が浮かびます。
この製品を作るコストはいったいどうなっているんだろう?と・・・

地球に出回っている全ての製品の50%以上は人件費がかかります。

だから製品を作る会社があり、その会社の従業員に払う為のお金が製品のコストとして含まれる訳です。

しかしもしもです。

シェアを拡大しようと人件費を10%しかかけなくなったとしたらどうでしょう?

当然、その製品の価格は下がりますが、製作作業に携わっている末端の人々にそのしわ寄せがくるのです。

今、中国でスマホ関係で週に70時間酷使されていると暴動が起きましたよね。

暴動を起こした人々のエネルギーはとてもネガティブで危険なものです。

そしてこのネガティブなエネルギーは地球上に暮らす全ての人に影響を与えます。

つまりです。

僕が今こうしてこのパソコンを使えるのは誰かが奴隷のように酷使されているおかげで、その恩恵を受けているだけなんですね。

それが事実です。

100円ショップを利用している人もそう。

・・・
・・・

だからこそ誰もがこの宇宙で最も注目されている、地球進化ゲームに参加せざるおえないのです。
無関心の代償はこの地球に住むかぎり必ず我々に降りかかってくるからです。

ではどうすればよいのか?

心配はいりません。

各個人はこの地球に生まれる前に自分が進むべき人生のシナリオの青写真を保持しているからです。

ある人は中国に生まれ、起こると予想されている暴動を緩和する為の能力と使命を持ち人々に奉仕しているかもしれません。

ある人は日本に生まれ、覚醒予定者を集め共時性を円滑にする場を提供する為の使命をもっているかもしれません。そしてその人をサポートすべく、必要な能力を携えて手助けする使命をもっている人も・・・

もうそれこそ個人的な使命は地球の人口数ほどバレエティーに富んでいる訳です。

だから各個人はエネルギーを高める努力をして自分が生前に用意したコンパスにしたがい、一歩一歩、歩いていけばいいのです。

とはいえ、生前用意したシナリオから大きくずれた生き方をした場合、かならず目で見える形で問題が発生します。

生まれ育った環境により極端にエネルギーが低いリアルに生きる人々には余裕がありません。

恐怖におぼれてしまって分別も判断力も理解力も失われているからです。

時にスピリチャル系の一部の人々はカルマだと冷酷な判断を下す場合がありますが実は違います。

過酷な環境で奉仕すべく生前に決意した人情ある優しい魂達があまりにも酷い環境の為苦しんでいるだけなのです。

そんな人達は外部からの援助が必要不可欠になります。

でも、ちゃんと使命をもった人々が手を差し伸べているからこそ、未だ地球は破壊に至ってないのです。

ただ安心はできません。

今はまさにギリギリの状態で、地球の命運を左右するのは我々日本人が集団覚醒できるかどうかにかかっているのですから。

その必要な人口数は14万4千人だと言われてます。

ミロスでもいっているいるし、第十二の予言の本にも書かれている数字です。

ちなみに僕はまだ覚醒に至ってない予定者の一人です。

覚醒するってのはたぶん高次元に足を踏み入れた人のコトを指すのだと思います。

つまり高次元をリアルで感知できない僕はまだ覚醒してないのです。

ただ頭で考えているレベルです。

でも悲観はしていません。そのうちそれを助けるイベントが用意されているはずなので。

僕らは名誉なコトに物語の主役級の役目を担っているんですよ!

以上。

ありがとうございました!

スポンサーサイト
  1. 2012/09/30(日) 13:22:06|
  2. 日記
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1

地球を取り巻くエネルギー戦争はポジティブ側に軍パイがありそうだ

あらゆる問題を突き詰めると全てがエネルギー問題に起因すると思います。

個人的にも社会的にもです。

そしてハッピーなエンドを望むなら各個人がもつオリジナルな方法でエネルギーを強めていってこの現実世界に放射せねばならない。

幸いに今、この現実世界にいる世界中の多くの無名人や有名人の努力の結果、その成果が報われようとしている。

だって、まだこの時期に至っても日常生活が続いているのですから。

ネガティブ側に軍パイがあれば僕はこうしてパソコンのキーを叩いていないでしょう。

巨大地震や世界最終戦争が未だ起こっていないのは地球物語のシナリオがポジティブな方向へ

向かっているからなんですね。

一部の人たちは勘違いしているようですが、巨大地震が起こったってこの世の問題が解決する訳ではありません。

起こってしまったら十中八九、僕らが持つ個人的なエネルギーから集団的なエネルギーに至るまで、

奪われてしまい、判断力やバランス感覚は失われ、エネルギーは他人から奪うしかないと強迫観念の虜になってしまうでしょう。

何故なら僕らはそんなに強くはないからです。

この世を天国にする方法。

天国で暮らしている宇宙人に会う方法。

全ては共時性を利用してエネルギーを高めるしか方法は無いのです。

蛇足ですが各個人が放つエネルギーは伝染します。

そして各個人が放ったエネルギーはその本人に跳ね返り、その本人のリアルを作る源となるのです。

だから各個人は己の思考をチェックし、ネガティブなものは排除しなきゃいけないんです。

だってその責任を取るのは自分なんですから。

以上。

ありがとうございました!
  1. 2012/09/30(日) 06:01:48|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

九つの知恵

ネット環境がある利点はインスピレーションがあった時、すぐさま情報をアップできるコトだと思います。

そして情報が見たい人も24時間いつでも見れるのです。

今、誰かがこの大事な情報を必要としていると感じましたのでアップしようと思います。

では「聖なる予言」より抜粋、九つの知恵です。


第一の知恵 
 第一の知恵は、『偶然の一致』に気付いたときに、始まります。貴方は、自分がやりたいことや、人生の進路について、予感や直感を感じたことはありませんか? また、ある時、誰かに出会ったり、何かを読んだことがきっかけになって、望んでいた方向に導かれたという経験はありませんか? こうしたことが、まるで何か説明できない力に、私たちの人生が導かれているかのように、それが運命づけられていたと感じていく、こうしたことに気付くことが第一の知恵に当たります。

第二の知恵 
 第二の千年紀(西暦2000年)が終わるとき、つまり現在、私たちはその千年間の歴史を全体としてみることができるようになります。天動説を提唱していた中世の世界観は1500年代に崩壊し、宗教的な宇宙の定義が科学によって再調査されるようになっていくのです。そして、世界の動き方に関する新しい仮説には、必ず確固たる証拠が要求されるようになりました。科学は体系的に、世界から不確実なもの、神秘的なものを排除するようになったのです。

第三の知恵 
 宇宙の基本物質はその核心においては一種の純粋エネルギーであり、古い機械的な宇宙モデルとは相容れない方法で、人間の意志と期待に順応します。つまり、私たちのエネルギーを世界へと流出させ、ほかのエネルギーのシステムに影響を与えているのです。人間はこのエネルギーを、まず最初は、美に対するとぎすまされた感覚として認識します。何かを美しいと感じるとき、そのものの存在感が増し、輪郭や色がくっきりと鮮やかになり、美しく輝くのです。宇宙全体がこのエネルギーから成り立っており、私たちは様々なものに対し、私たちの持つエネルギーを使って、影響を及ぼすことができるのです。

第四の知恵 
 人類はずっと、無意識のうちに、このエネルギーの中で唯一つ、自分たちに開かれている部分、つまり、私たちの間に流れているエネルギーを、争い合ってきました。人間の闘争は、常にこのエネルギーをめぐる争いでした。これは、家族間のささいな争いから、雇用関係から国家間の争いまで、すべてのレベルに、あてはまります。

第五の知恵 
 しかし、他人のエネルギーを奪わなくても、もっと他のエネルギーの源があります。第一に、食物のエネルギーがあります。しかし、食物のエネルギーを全部吸収するためには、食物に感謝して、よく味わわなければなりません。食べる前にお祈りをするという宗教的慣習は、食事を聖なる体験にするためです。それによって、食物のエネルギーをより多く吸収できるようになるのです。
 次に、風景からエネルギーを受けることができます。木の形や存在を心からすばらしいと感じるようになると、その気持ちは次第に高まってゆき、ついには実際に愛を感じるほどになります。そして、それは全体的な深い感情として存在し、すべてのものに対して愛を感じるようになります。その状態で、木からエネルギーを受け取り、同時に木にエネルギーを与えているのです。物の美しさと個性を感じると、エネルギーを受けることができ、その気持ちが愛にまで高まると、そうしたいと思っただけで、エネルギーを送り返すことができるのです。


第六の知恵 
 ところが、私たちはずっとこのエネルギー源とつながっていることはできません。それができるようになるには、自分が他人をコントロールするために使う特別なやり方に気がつき、それをやめなければなりません。他人をコントロールするとは、子供の頃から、無意識のうちに人の注意を引き、エネルギーを自分に引き寄せようとするくせで、私たちはそこから抜け出せなくなっています。これを無意識のコントロールドラマと呼びます。私たちはそのシーンを無意識に無意識に日常生活の中で、繰り返し演じているのです。
 自分のコントロールドラマに気付くためには、過去を振り返って、子供の頃の家族生活を思い出し、このようなくせがどのように形成されたか、考えなければなりません。私たちは皆、自分の家族の体験を進化の観点から解釈し直して、自分が本当に誰なのか、発見しなければなりません。一度それをすれば、コントロールドラマは消滅し、本当の人生が始まるのです。

 次に、家族の間のエネルギー競争を振り返って、自分がそこに生まれた本当の理由を探さなければなりません。私はなぜ、特にこの家族の一員として生まれたのだろうか? その目的は何だったのだろうか? そうして、自分の使命を知ることができるのです。


第七の知恵 
 何か考えが浮かんだら、なぜと思わなければなりません。なぜ、この考えが今浮かんだのか? これは自分の人生の問題にどう関係しているのか? 自分を観察者の立場に置くと、すべてをコントロールしなければならないという気持ちがなくなります。すると、私たちは進化の流れに身を任せることができるのです。
 また、悪いイメージが浮かんだら、すぐにそれを打ち消して、良い結果を心に思い浮かべばいいのです。すると、悪いことは、ほとんど起こらなくなります。しかし、それでもネガティブな直感が浮かんできたら、それは真剣に受け取らなくてはなりません。ただ、どんなに否定的な出来事が起こっても、そこに隠されている本当の意味を読みとるようにしなければなりません。

 また、夢、特に悪い夢は、もっとも大切なメッセージです。夢の物語を自分の現実の物語と較べてください。夢は、人が人生で見失っているものを知らせるために訪れるのです。


第八の知恵 
 子供は、進化を学ぶためには常に大人のエネルギーを必要とします。しかし、そのときに子供を矯正しようとして、子供のエネルギーを奪い取ってしまうと、子供のコントロールドラマを作り出してしまいます。どんな情況でも、大人がすべての必要なエネルギーを注ぎ込みさえすれば、子供はエネルギー争奪のドラマを学ばずに済むのです。そのため、子供は常に会話の仲間に入れなければなりません。特に、子供たちを話題にするときは、仲間に入れなければいけません。
 さらに、私たちは自分で完全に面倒を見られる人数以上の子供に、責任を持つべきではありません。一人の大人は一度に一人の子供にしか、注意を向けられないからです。大人の数に較べて子供の数が多すぎると、大人はどうしてよいのかわからなくなって、十分にエネルギーを注ぐことができません。子供は大人の時間を得ようと争ってしまい、兄弟同士で競争し始めるのです。ただ、全部のエネルギーを両親から得る必要はなく、誰か他の人が子供の面倒を見てもいいのです。しかし、誰が面倒を見るにしろ、子供には一対一の注目が与えられなくてはなりません。

 具体的には、子供が質問をしたとき、子供が理解できる言葉で真実を話すことが大切です。いけないのは、大人が少しからかいたくなったり、本当のことは子供が理解するには複雑すぎると思って、その場で創作する作り話です。

 次に、恋愛関係についてです。まず、恋が芽生えると、二人は無意識のうちに愛を与え合います。二人の気持ちは高まり、気持ちよくなります。『恋に落ちた』状態というのは、信じられないほど、気持ちが高ぶるものです。ところが残念なことに、こうした気持ちが恋の相手から得られるものだと期待すると、宇宙のエネルギーから切り離されてしまいます。そしてますます、エネルギーを相手から得ようとします。そうなってしまうと、エネルギーが十分にないように感じて、お互いにエネルギーを与え合うのをやめてしまい、自分のコントロールドラマに逆戻りしてしまいます。そして、相手をコントロールして自分流のやり方でエネルギーを奪い始めるのです。

 私たちがこのように異性に中毒してしまうのは、この異性のエネルギーをまだ必要としているからです。理想的な家庭では、例えば女の子はこうした異性エネルギーは父親から得ることができます。この理想的な例で特に大切なことは、父親がいつも心を開いて何でも話し合えるということです。彼女は父親を理想的で魔法使いのような人だと思っていますが、彼が正直に自分は誰か、何をしているのか、なぜそうなのかを説明すれば、幼い少女は父親の生き方と能力を統合し、父親に対する非現実的な見方を捨てて、前進することができます。そして、父親も長所も短所もある普通の人間だと、見られるようになります。一度この正しい関係が成立すれば、子供は異性エネルギーを父親から受け取る段階から、宇宙に存在する全体エネルギーの一部としてそれを受け取る段階へと、スムーズに移行することができるようになるのです。

 問題は、今までほとんどの親は子供とのエネルギーの奪い合いをして、その悪影響を私たちに残してしまったことです。この競争があったために、私たちは全員、この異性の問題を全く解決していないのです。私たちはみな、自分の外に異性のエネルギーを求める段階にとどまっています。つまり、理想的で魅力的だと思い、性的に所有できる男性または女性の中に、まだそのエネルギーを求めているのです。


第九の知恵 
 私たちがエネルギーレベルをあげ続け、あるレベルに達すると、そのグループ全体が突然、それよりもレベルの低い人々からは見えなくなってしまいます。人間が、他の人々から見えなくなるレベルまで波動をあげ始めることは、私たちがそこから生まれ、死んだ後また戻ってゆく向こう側の世界とこちら側の世界との境界線を越えたしるしです。エネルギーが十分高くなれば、私たちは天国へそのままの姿で歩いていけるのです。次の千年紀にはほとんどの人の波動がこのレベルに達し、また、もっともエネルギーと強くつながった人々からなる集団もこのレベルに達するようになります。
 こうした意識の進化の結果として、人類は自発的に人口を減少させ、私たちはみな、地球上でもっともパワーのある美しい場所に住めるようになるでしょう。私たちは、霊感を受け取り、そのあと自分の運命がひもとかれてゆくのを、じっと見守る喜びによって、充たされるのです。すべての人がゆったりとして、次にやってくる意味深い出会いに注目するのです。

 また、文化的な変化として、多くの人々が今の職業から別の職業へと、移ってゆきます。なぜなら、自分は何者か、自分は何をすべきか明確な霊感を得はじめると、人々はしばしば、自分が間違った職業に就いていることを発見し、成長し続けるために違う種類の仕事に移るからです。この時期には、一生に何回も仕事を変える人もあらわれるでしょう。


だいたい人間関係でおかしくなるのは第六の知恵が指摘している部分だと思います。

・・・
・・・

これでいいのかな?
直感にしたがって載せたけど・・・

まぁ、このブログを変な時間帯に何気なく見た人はたぶんこの情報に導かれた人だと思います。

ありがとうございました!
  1. 2012/09/27(木) 01:46:16|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

こっそり更新

まず謝ります。

見てくれてた人ごめんなさい。

そして、いろいろありましたが「絵」のコトは忘れて下さい・・・

地に足つけて生活している今、何であんな行動に出てしまったのか不思議です。

・・・

まぁ・・・僕のカルマというコトで消さないであえて残しておきますが・・・

・・・

さて。

このブログで「聖なる予言」シリーズを紹介したことがありました。

そのシリーズの最新作「第十二の予言」が去年にリリースしたコトを知り、

さっそく注文して読んでみました。

・・・

やはり彼の本は期待どうり今知りたい情報が書かれていました。

ちなみに、この本は冒険小説というスタイルをとっていますが、

おそらく著者にインスピレーションを与えているのは高次元の存在でしょう。

もちろん著者はそんなコトは一言も語りませんが・・・

2012年12月21日の意味・・・

カルマの本当の意味・・・

常に真実を語ることだけで、自分のエネルギーは増し、
周りも影響を受け覚醒を広めるコトができるなど・・・

シンクロにシティーに常時接続する方法など・・・

まさにプラチナクラスの情報がてんこ盛り状態です。

ぜひ読んでくださいませ!
  1. 2012/09/21(金) 22:00:09|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

絵を売ります!

もしも絵に造詣が深い方で、この絵を買いたいという方は
artcattokyo@gmail.comまでご連絡よろしくお願いいたします!

なお売り上げがあった場合、
プロフィールに書かれたような活動資金に当てさせていただきます!



画像-0328




『黎明のシリウス』油絵 1000mm×1370mm
100,000円くらい(汗)
(解説)
異世界のシリウス人は今でこそ陸水両性の種族。
そんな彼らもかつては水の中でしか生きられなかった。
ずっと地上の光を夢見た彼女は思いを託して我が子(子孫)を
光りの世界へと送るのであった・・・



画像-0327
『青き妖精の眠り』油絵1300mm×1680mm
250,000円くらい(汗)

(解説)ここは色彩と沈黙の世界。
忘れ去られた冥界の次元で青き妖精は眠り続ける。


ありがとうございました!
  1. 2012/07/23(月) 16:34:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。